NMNと過剰摂取

NMNが含まれるナイアシン、葉酸、ビタミンB2、B6は大量摂取によって過剰症が出る恐れがあると言われており、過剰摂取は危険と認識しておいた方良いでしょう。ビタミンB群は水溶性ビタミンであり、過剰に摂取したとしても、汗や尿から排泄されると言われているものの、油断は禁物です。個人差はあるものの、ナイアシンを大量摂取した場合に、一時的に痒み、火照り、紅潮などが出るフラッシング症状が起こる事があります。

そして、過剰症の症状が悪化すると、便秘、吐き気、下痢といった胃腸障害や肝機能障害を起こしてしまいます。さらに、ごく稀に劇症肝炎を起こす危険性があると言われています。NMNで仮に若返っても、肝機能がダメになってしまっては若返りどころではありません。NMNの効果をしっかり得る為には、用法用量を守らないといけません。加齢によって低下した様々な機能を活性化させる働きがあるNMNではあるものの、過剰摂取はNGです。治療薬や予防薬そして美容分野での研究が進んでおり、今後に多くの方が期待しています。しかし、人間での臨床試験は行われたばかりであり、もしかしたら副作用があるかもしれません。過剰摂取での副作用に関してもこれから見つかる可能性も十分に考えられる事です。